若返りに効果的な整形手術は?

整形手術で若返りのイメージ画像

美容整形で外見を若返らそうと決意した時、若返るためにはどんな整形手術が受けたらいいのかをネットなどで片っ端から調べました。

若返りのための美容整形

若返りに効果的な整形手術は色々とありますが、一番効果的なのは顔のたるみを解消して顔の輪郭を若返らせるフェイスリフトです。

アンチエイジングに効果があるのはどの整形手術?

フェイスリフトのイメージ画像

私が整形若返りに挑もうと思ったとき、やはり真っ先に思い浮かんだのはフェイスリフトでした。

私は若いころはタマゴ型の輪郭だったのですが、頬のたるみのせいで少しブルドッグのような感じの輪郭になっていました。
鏡の前で、そのたるんだ頬を手で斜め上方向にきゅっと上げると、見違えるほど若い印象になったので、若返りのためにはフェイスリフトの手術は絶対不可欠だと思いました。

その次に絶対に必要だと思ったのは、上瞼のたるみ取りです。

元々は二重瞼だった目が、目の上のくぼみのせいで二重線が消えてしまい、目を開いでも瞼が折りたたまれなくなったせいで、目を思いっきり開いても瞼が黒目の上半分ぐらいまで覆いかぶさるようになってしまっていたので、若いころのようなぱっちりとした目に戻すためには上瞼のたるみ取りは絶対に必要だと思いました。

瞼のたるみのせいで目が開きにくくなっており、そのせいで眉毛を上げて目を見開くようになっていたため、額に大きな横皺が深く刻まれてしまっていました。

この皺を隠すためにいつも前髪をおろしていたのですが、それでもちょっとした前髪の分け目からどうしても額の深い皺が顔をのぞかせてしまい、それも老けて見える原因の1つでした。
なので、額の皺を消すための額リフトブローリフト)もしたほうがいいかもしれないと思いました。

それ以外に気になったのは目の下のクマとたるみです。
目の下のクマとたるみのせいで疲れたような印象になっていたので、目の下のクマとたるみが取れるとかなり若返りの効果があるように思えました。

体型は、モデルをしていた頃と体重はほとんど変わっていないのに、妊娠、出産を繰り返すうちに下腹部にだけどんどん脂肪がついて、いつのまにか下腹だけぽっこりと膨らんだ体型になってしまっていました。
その体型を隠すために、お尻まで隠れるチュニック丈のトップスばかり着るようになっていて、これがかなりおばさんっぽい印象になっていました。

なので、お腹の脂肪吸引も若返りにかなり効果がありそうだと思いました。

そういうわけで、若返りのために、フェイスリフトブローリフト上瞼のたるみとり目の下のたるみ取りクマ消しお腹の脂肪吸引の手術をしようと思いました。

【スポンサーリンク】

若返りに最も効果があったの整形手術は?

若返りのための整形手術のイメージ画像

実際にすべての手術を受けてみて、若返りに最も効果があった整形は、フェイスリフト上瞼のたるみとりでした。
この2つの手術だけでも、かなり若い印象になれると思います。

ただ、もしこの2つの手術しかしていなかったとしたら、顔の輪郭が若返っているのに額にだけ深いシワがあることで、額のシワの印象が余計に強くなったり、顔の輪郭だけ若いことが不自然になっていたような気がします。

目も、上瞼だけが若々しくて下瞼だけがたるんでいるとかなり不自然で、目の下のたるみが目立ったり、逆に上瞼の若々しさが不自然に見えていたと思います。

なので、完璧を求めるのであれば、やはり顔全体をトータル的に手術をするのが一番だと思います。

ただ、以前の記事にも書いたように、整形手術はケガと同じでかなり身体に負担がかかります。

とくに、複数の手術を短期間にすると、私のように体調を崩してひどい目に遭う可能性もあるので、まずは、顔の印象を一番改善できる上瞼のたるみ取りを先にして、その後、上瞼の傷がある程度治って体力が充分に回復してからフェイスリフトをして、その後、期間を起きながらそれ以外の手術を1つずつ追加していくというのが一番いいと思います。

若返りに効果があったの美容方法は?

プラセンタのアンチエイジング効果のイメージ

若返りに効果があったの美容方法はプラセンタと、顔のシミ取りと、顔のリフトアップができる美容液です。

プラセンタ

プラセンタは短期間で肌や髪が確実に若返りました。

元々は、脂肪吸引の副作用でホルモンバランスが崩れてしまって普通の日常生活が送れないぐらいの体調不良が1年以上続いたため、藁にもすがる思いでプラセンタを始めました。

そうしたら、プラセンタを摂取し始めたとたんにホルモンバランスが整って体調がよくなり、それだけではなく肌や髪もつやつやになって体中の細胞が若返っていることをはっきりと実感できました。

なので、今もずっとアンチエイジングのためにプラセンタを続けています。

整形でせっかく顔や目元のたるみが改善されても、肌のハリや髪のツヤなどがなければ若い印象にはなりません。

プラセンタは身体中の細胞を修復して若返らせる効果があるので、アンチエイジング効果は絶大です。

プラセンタは注射やサプリがあり、両方とも試してみましたが、私はサプリのほうが合っていました。

顔の輪郭や目元などのたるみがひどい場合は整形との併用が効果的ですが、たるみがそれほどひどくない場合はプラセンタだけでも充分に若返りの効果が得られると思います

プラセンタは副作用がなく、整形のように身体に負担をかけず、身体の中から健康的に若返らせることができるので、身体に最もやさしいアンチエイジングの方法だと思います。

関連記事

プラセンタの体験談・プラセンタ注射とサプリはどちらが効果がある?

顔のシミ取り

顔にシミがあると、もうそれだけでかなり老けて見えます。

顔のシミは、レーザーでも化粧品でもどちらでも綺麗にシミを取ることができます。
費用もそれほどかかりません。

シミは濃くなればなるほど取るのが大変になってしまうので、できるだけ薄いうちに対処した方がいいと思います。

私はレーザーでのシミ取りも化粧品でのシミ取りもどちらもやったことがありますが、レーザーでのシミ取りはダウンタイムや施術後のケアが予想以上に大変だったので、化粧品でのシミ取りのほうが断然楽でした。

関連記事

顔のシミを消す方法・シミ取り化粧品とレーザーのどちらが効果的?

顔のリフトアップ美容液

フェイスリフトの手術でフェイスラインはかなり若返ったのですが、まだ頬のたるみが完全には改善できず不満が残っていました。

なので、フェイスリフトの再手術をしたほうがいいかな…と思っていたのですが、美容皮膚科の先生が開発した顔のリフトアップ美容液を使ってみたら、たるんでいた頬がすっきりとリフトアップされてフェイスラインが一気に若返りました。

普通のリフトアップ美容液は顔の皮膚にハリをもたせて引き締めるものがほとんどですが、その美容液は顔の筋肉を引き締めて筋肉層から顔をリフトアップできるので、原理的はフェイスリフトと同じような効果が得られます。

もちろんフェイスリフトの手術のほうが強力にリフトアップできますが、フェイスリフトの場合はリフトアップできる部分とできない部分があって、どうしても不自然に引きつったような顔になってしまいます。
リフトアップ美容液でリフトアップした場合はそのような不自然さがまったくありません。

数年後にフェイスリフトの再手術をしようかなと思っていたのですが、その美容液のお陰でしなくて済みそうです。

関連記事

フェイスリフトの手術をせずに顔をリフトアップする方法

【スポンサーリンク】

若返り整形で、やらなくてもいい手術とやらないほうがいい手術

目の整形手術のイメージ写真

上瞼のたるみ取りの手術をすると、額リフト(ブローリフト)の手術をしなくても額のシワが自然と改善する場合があります。

上瞼のたるみを取ると目が開きやすくなるので、これまで目を開くためにあげていた眉が下がるからです。

完全にシワが消えなくても、シワがある程度薄くなれば、ボトックス注射だけでシワを改善できます。

なので、額リフトの手術は、上瞼のたるみ取りの手術をしたあと少し期間をおいて様子を見てから、必要かどうかを検討したほうがいいと思います。

額リフトはいつまでも頭皮がピリピリとするような不快な痛みや、頭の広範囲の感覚がなくなったりするような不快な後遺症が1年以上続く場合があるので(私は2年経った今でも完全には治っていません)、ボトックスなどの方法で対処できるのであればそちらのほうがいいと思います。

お腹の脂肪吸引に関しては、私は、するべきではなかったと思っています。
脂肪吸引で得られたものよりも失ったもののほうがはるかに大きく、取り返しのつかないことをしてしまったという思いが、術後2年も経った今でもあります。

なので、脂肪吸引は私は人にはオススメしません。

脂肪吸引以外の方法でも脂肪を落とす方法はいくらでもあるので、出来る限り脂肪吸引の手術は避けたほうがいいと思います。

関連記事

脂肪吸引をせずにお腹の脂肪を簡単に落とす方法

【スポンサーリンク】