お腹の脂肪吸引の手術後3カ月目・貧血と生理不順

ブログ(美容整形)のイメージ画像

この記事は2年前に受けた美容整形脂肪吸引の手術の体験談(回想録)です。

お腹の脂肪吸引の手術後3カ月目の状況を、当時の日記を元にしながら詳しく書いています。

お腹の脂肪吸引の手術後3カ月目の経過報告

お腹脂肪吸引の手術後3カ月目の経過報告です。

火傷のあとのような痛みが続いている…

整形手術体験記のイメージ写真

まだお腹の痛みは続いています。
火傷のあとのようなひりひりした痛みで、触れるとかなり痛いです。

ベッドから起き上がる動作や歩く動作は何とか普通にできるようになりましたが、動くとお腹に響いて痛みます。

太ももの色素沈着

太ももの色素沈着は残ったままです。

太ももの内側の広範囲の皮膚が薄茶色になっています。

【スポンサーリンク】

貧血は改善しない

整形手術の痛みのイメージの画像

貧血はまだ改善していません。

5分以上立っていられない状態なので、徒歩では近所に買い物にも行けません。

また、脂肪吸引をして以来、生理不順になってしまい、1カ月の間に2度も3度も生理がきます。

これまでは生理はすごく規則正しくて、生理不順になったことは一度もありませんでした。

脂肪は女性ホルモンを作る役割をしているそうなので、その脂肪を多量に取ったことでホルモンバランスが崩れてしまったようです。

これまでにはまったくなかった更年期障害のような症状も急に出現してきて、かなり体調がよくない状態です。

腹部の状態

美容整形失敗で長いダウンタイムのイメージ画像

脂肪吸引をした部分はまだ硬いままで、引き攣れたようないびつな形になっています。

お腹は綺麗にへこんでいますが、前かがみになると腹部がシワシワになり、老人の腹部のような感じです。

脂肪吸引をするまでは腹部にショーツのゴム跡がつくようなことはなかったのですが、脂肪吸引をしてからは怖いぐらいくっきりとショーツのゴム跡がつくようになりました。

おへその下の傷跡は白く光っていてかなり目立ちます。

おへその形は脂肪吸引前は縦長の綺麗な形だったのですが、脂肪吸引をしてからは潰れたような横長の形に変わってしまいました。

【スポンサーリンク】

お腹の脂肪吸引の手術後3カ月目の経過のまとめ

整形の経過のイメージ画像

お腹の脂肪吸引の手術後3カ月目の経過のまとめです。

貧血がまったく改善しないのと、生理不順や更年期障害の症状が出現してきたことで、かなり体調を崩しています。

一日中寝たきりというような日も多くて、普通の日常生活はまったく送れていません。

脂肪吸引による出血やホルモンバランスの乱れが身体に及ぼす影響はかなり大きいようです。

痛み

  • 火傷のあとのようなヒリヒリした痛み

色素沈着

  • 太ももの内側全体の皮膚が薄茶色に変色したまま変化なし

腹部の状態

  • 硬くていびつな形になっている
  • 前かがみになると腹部がシワシワになる
  • ショーツのゴム跡がくっきりつく
  • おへその形が横長になる
  • おへその下の傷跡が目立つ

後遺症

  • 貧血が改善しない
  • 生理不順になる
  • 更年期障害の症状が現れる
よく読まれている人気記事5選脂肪吸引をせずにお腹の脂肪を簡単に落とす方法
プラセンタの体験談・プラセンタ注射とサプリはどちらが効果がある?
フェイスリフトの手術をせずに顔をリフトアップする方法
若返りに効果的な整形手術は?
顔のシミを消す方法・シミ取り化粧品とレーザーのどちらが効果的?
【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする