整形に失敗しない医師の選び方|美容整形ブログ

美容整形に失敗しない方法のイメージ画像

美容整形失敗しないためには医師選びが重要とよくいわれますが、本当にその通りだと思います。

整形に失敗しないための医師の選び方

整形失敗成功は、医者の腕ひとつにかかっています。

なので、医師の選び方が整形の成功、失敗を決める大きな要素となります。

私の整形の失敗

驚く顔の画像

私の整形の失敗で最もひどかったものは、下瞼の皮膚を切り取り過ぎて、あっかんベーをしたときのように黒目の下にかなりの量の白目が見える三白眼になってしまったことです。
そのために、目も閉じられなくなりました。

それ以外にも、目の二重幅が希望していたより2倍ぐらい広く、左右の幅も形も全く違い、二重の形も末広がりの自然な形を希望していたのに派手な並行二重になるなど、細かい失敗は数えたらきりがありません。

私の場合は、下瞼の皮膚を切り取り過ぎの失敗があまりにも衝撃的で、それだけで化け物のような顔になっていたので、それ以外の失敗は些細な失敗のように感じていました。
でも、目の二重幅が倍ぐらい広いとか、左右の幅や形が全く違うとか、二重の形が希望していたものとまったく違うというようなことで深刻に悩み、修正手術を何度も受ける方もいらっしゃるので、それらの失敗は一般的には些細な失敗ではないのかもしれません。

とにかく私の場合は、下瞼の失敗の次元が違っていて、もうそれだけでぎょっとなるような顔になっていたので、他の失敗のことを気にする余裕もありませんでした。

【スポンサーリンク】

医師選びを慎重にするのが美容整形の成功のカギ

美容整形の医者のイメージ写真

医師の選定を慎重にしていれば、美容整形失敗はある程度は防げます。

でも、その頃の私は責任のある仕事を持っており、まとまった休みを取れる日が限られていたので、手術を受ける美容整形外科クリニックを選ぶとき、医師の評判よりも、自分が仕事を休める日に手術の日程が空いているということを優先せざるをえませんでした。

通える範囲内の美容整形外科のクリニックの中で、いくつかの病院を選んでカウンセリングに行きましたが、こちらの希望する日に手術の日程が空いていた病院は1件だけでした。
だから選ぶ余地もなく、その病院で手術の予約をしました。

こちらの希望する日に手術の日程が空いているということは、それだけ人気のない病院ということになります。
人気のない病院はやはり、それなりの理由があるのです。

そのときの私は、どうしてその病院だけが空いていたのか、その理由を考えたこともありませんでした。
ただ、自分の希望日に手術の予約が取れてよかったと単純に喜んでいました。

整形が失敗するなどということを頭の片隅にもありませんでした。
整形手術をしたら若いころの美貌を取り戻せるということで頭がいっぱいだったからです。

整形手術成功するのが普通で、失敗なんてよほど運が良くない限り滅多に起きないと私は思っていました。
でもそれは、何の根拠もない思い込みでした。

【スポンサーリンク】

成功率100パーセントの整形は存在しない

整形手術のイメージ写真

成功率100パーセントの整形手術などというものは絶対にありません。

整形には失敗がつきものです。
なので、手術をする箇所が増えれば増えるほど、整形失敗の不運に見舞われる可能性も高くなります。

複数の手術を一度にすると、失敗が一箇所だけではなく何箇所にも及ぶ場合もあり、あちらにもこちらにも不具合が出て大変なことになってしまう場合もあります。

良心的な医者は、多くの手術を一度にしてほしいと患者が希望しても断ります。

逆に、複数の手術を同時にするようにすすめてくる医者もいます。
ハンバーガーを注文するとポテトも一緒にいかがですか?というぐらいにの軽い調子で、この手術を一緒にしたらもっと可愛くなれるよ、とすすめてくるのです。
そのような勧め方をされると、あたかもその手術がとても簡単で、リスクなど何もないというような印象を受けてしまいがちですが、整形手術はそのような甘いものではありません。

ひどい失敗をするときもあるし、ダウンタイムが長引くときもあるし、後遺症が残り場合もあります。
そうなってからでは、もう後戻りはできません。

もちろん、そのような不運に見舞われるのはほんの一握りの人で、整形に成功して人生を好転させている人のほうがずっと多いのですが、整形手術を受ける以上は、整形失敗の可能性もあるということを念頭においた上で、手術をうけるかどうかを決めたほうがいいと思います。

複数の整形手術を受けるときの医師の選び方

美容外科の手術のイメージ画像

すべての整形手術に長けた美容整形外科医というのはあまり存在せず、医師によって得意な手術と不得意な手術があります。

当然のことながら得意な手術は成功率も高く、不得意な手術は失敗したり、あまりいい仕上がりにならなかったりしがちです。

なので、1人の医師にすべての手術を一任するのは、整形失敗の可能性を高めます。

複数の整形手術をするときの医師の選び方は、それぞれの手術の名医やその手術の経験ができるだけ豊富な医師を探して、手術ごとに医師を変えることも、美容整形成功に導くための重要なポイントです。

よく読まれている人気記事5選脂肪吸引をせずにお腹の脂肪を簡単に落とす方法
プラセンタの体験談・プラセンタ注射とサプリはどちらが効果がある?
フェイスリフトの手術をせずに顔をリフトアップする方法
若返りに効果的な整形手術は?
顔のシミを消す方法・シミ取り化粧品とレーザーのどちらが効果的?
【スポンサーリンク】