プラセンタの体験談・プラセンタ注射とサプリはどちらが効果がある?

プラセンタサプリの画像

アンチエイジングに効果があるものとして真っ先に思い浮かぶのはプラセンタです。

プラセンタは1年前から続けていますが、その驚くほどのアンチエイジング効果を実感しています。

プラセンタの効果

プラセンタのアンチエイジング効果のイメージ

プラセンタは美肌、美白、疲労回復、ホルモンバランスの調整、免疫 などに絶大な効果があるといわれています。

それ以外にも、腰痛緩和や抜け毛予防や免疫力を高める効果など、プラセンタの効能を数えたらきりがありません。

プラセンタのアンチエイジング効果

プラセンタのホルモンバランスを調整する効果は更年期障害を緩和させるほどの威力があることから、医療機関ではプラセンタが更年期障害の治療薬として使われています。

プラセンタの細胞修復能力はお肌や頭髪などを若返らせるだけではなく内臓の細胞も修復するので、医療機関では肝臓障害の治療にもプラセンタが使われています。

肝臓だけに限らず、胃の粘膜や血管や筋肉や膀胱など、プラセンタは身体のあらゆる器官の細胞を修復して若返らせます。

体中の細胞を若返らせ、さらにホルモンバランスも整えて若いころの状態に近づけ、免疫力も高めて病気を予防するので、プラセンタはアンチエイジングを目指す人にとっては欠かせないものといえます。

プラセンタの安全性

プラセンタは長年医療機関で使われ続けています。

更年期障害や肝臓障害の治療に対しては保険も適用され、長年の臨床結果から副作用などはまったくないといわれていることから、その効果や安全性は実証されているといっていいでしょう。

プラセンタ注射とプラセンタのサプリの効果の違い

プラセンタ注射とサプリの写真

プラセンタは「注射」と「サプリメント」があり、私はどちらも続けたことがありますが、今は注射はやめてドリンクタイプのサプリメントだけを続けています。

どうしてプラセンタ注射をやめてしまったのかというと、サプリメントとの効果の違いがほとんどないように感じたからです。

プラセンタ注射はわざわざ毎回病院まで行かなければいけないし、費用もサプリメントに比べるとかなり高くつきます。

それなのに、サプリメントとの効果の違いがなければ、わざわざ病院まで行ってプラセンタ注射をする意味がありません。

プラセンタ注射とプラセンタのサプリの効果は変わらない?

プラセンタサプリの比較の画像

プラセンタのサプリメントは原料なども様々で、中にはあまり効果がないものもあります。

でも、ちゃんと効果のあるサプリメントであれば、注射との効果の違いはほとんどないように思います。

少なくとも、自分の体感的には、ほとんど効果の違いは感じられませんでした。

プラセンタは継続的に摂取しないとその効果が得られないといわれており、プラセンタ注射だと週に2回ぐらい病院に通って注射を打つ必要があります。

忙しくて病院に行けない日があったりしてコンスタントに注射が打てないと効果が落ちてしまいます。

一方、サプリメントでの摂取なら、無理なくコンスタントに継続できます。

私は最初はプラセンタのサプリメントから始めました。

一番最初に購入したサプリメントはあまり効果が感じられなかったのでプラセンタなんて全然効果がないな…と思ったのですが、別のメーカーのものに変えてみたら劇的に効果が感じられました。

ずっと不調だった体調が整い、お肌や髪もツヤツヤになりました。

その効果だけも充分だったのですが、サプリでこんなに劇的な効果があるのなら、注射ならもっとすごい効果があるに違いないという欲が出て、サプリメントから注射に切り替えました。

そして3ヶ月間、週に2回、欠かさず病院に通ってプラセンタ注射を打ちました。

費用はサプリメントの何倍もかかるし、病院に通う労力や時間もかかるけど、サプリメントでプラセンタの素晴らしい効果を実感していたので、さらなる効果を期待して病院に通い続けました。

しかし、3ヵ月経っても以前のサプリメントのときの効果との差はほとんど感じられませんでした。

そのとき打ってた注射はラエンネックという名前のプラセンタだったのですが、他にメルスモンというプラセンタもあるということだったので、今度はメルスモンに切り替えて週に2回、3ヶ月ほど注射に通いました。

それでも効果に変化はありませんでした。

6ヶ月も間、週に2回、注射を打つために病院に通い続けたのに、結局以前のサプリメントのときの効果とほとんど変わらないという結果に終わってしまいました。

ラエンネックとメルスモン以外にスーパープラセンタという強力なプラセンタ注射もあるようですが、注射1本5万以上という継続が難しい価格だったので手が出ませんでした。

そこでプラセンタ注射をやめて、元のドリンクタイプのサプリに戻しました。

プラセンタサプリの効果

プラセンタ注射をやめてサプリだけにしても、美肌や美髪などの美容効果は変わらずずっと続いています。

以前はよく風邪や胃炎や膀胱炎などを患っていたのに、プラセンタを摂取するようになってからは風邪にも胃炎にも膀胱炎にもなったことがないので、健康面でもかなり高い効果があるようです。

それだけではなく、肩こりや首こりや腰痛や以前から患っていた腱鞘炎も劇的に改善し、生理不順もウソのように治りました。

そういうわけで、私の場合はプラセンタ注射とプラセンタサプリの効果の違いはほとんどなく、どちらも同じぐらいよく効いたので、費用も安くて通院などの手間もかからないサプリを継続していくことにしました。

プラセンタサプリの選び方

サプリの写真

プラセンタのサプリはたくさんありますが、中身はどれも同じというわけではなく、原料も製法も濃度も全く違います。

なので、プラセンタという名前がついているサプリならなんでも効果があるというわけではありません。

現に私が最初に購入したプラセンタのサプリは、ネットの通販サイトでレビューが一番多く評価も高かったので購入したのですが、まったく効果がありませんでした。

1回めは失敗だったので、次のサプリを選ぶ際にはプラセンタのことを自分でしっかり調べて、いくつもの商品を比較検討して慎重に選びました。

その甲斐があって、今度はちゃんと効果があるものを買うことができました。

通販サイトのレビューの数ってあんまり信頼出来ないんだな…とそのときつくづく思いました。

人を雇ってたくさんのレビューを書いてもらっているような場合もあるので、通販サイトでレビューはあまり鵜呑みにしないほうがよさそうです。

プラセンタの濃度

プラセンタの製法のイメージ

プラセンタの濃度は商品によってかなり違います。
ほんの少量のプラセンタを配合されているだけでも、プラセンタのサプリとして高額で売られているものもあります。

なので、プラセンタのサプリを購入する際には濃度が高い商品を選ぶことが重要です、

ただし、同じ濃度でも、抽出方法によって効果が変わってきます。
高い濃度であっても、通常の抽出方法だとプラセンタの成分の栄養素がかなり損われてしまうからです。

抽出方法が明記されていない商品は、通常の抽出方法が採用されている場合がほとんどなので、栄養素が損われている可能性が高いと思います。

なので、プラセンタエキスが高濃度に配合されている商品であっても、抽出方法が明記されていない商品は避けたほうがよさそうです。

また,せっかく高濃度のプラセンタであっても、体内への吸収率が低いサプリだと効果が低くなります。

固形や粉末やカプセルなどの形状のサプリは液体状に比べると吸収率が低いので、液体状(ドリンクタイプ)のプラセンタを選んだほうが効率よくプラセンタの成分を体内に吸収することができます。

私が服用しているプラセンタサプリ

サプリメントの画像

私が今服用しているプラセンタは吸収率が高いドリンクタイプで、濃度も非常に高く、1本に35,000mgのプラセンタエキスが配合されています。

抽出法は「超高圧酵素抽出法」というプラセンタの栄養成分を壊さない方法が採用されています。

以前、カプセルタイプのものを飲んでいたときもあったのですが、ドリンクタイプのもののほうが胃への負担が少なく、吸収率も高くて効率よくプラセンタの有効成分を体内に吸収できるので、今はずっとドリンクタイプのものを飲んでいます。

1本300円ほどなので、プラセンタ注射に比べるとかなり経済的です。

私は最初の頃は毎日1本ずつ飲んでいたのですが、体調やお肌の調子が充分に改善されてからは、その状態を維持するために2〜3日に1本ずつのペースで飲んでいます。

それでも充分に効果が継続できています。

もし今服用している、もしくは以前に服用していたプラセンタのサプリがまったく効果がなく、プラセンタのサプリなんて全然効果がないと思っている方は、商品を変えてみたら劇的な効果を実感できるかもしれません。

効果の感じ方は人それぞれなので絶対に誰にでも効果があるとは言い切れませんが、少なくとも私は今飲んでいるプラセンタドリンクで充分に滿足できる効果が得られているので、一応、私が飲んでいるプラセンタドリンクをご参考までに紹介しておきます。

10本単位で購入できるので、まず10本だけ購入して効果を試してみるのもいいかもしれません。

【私が服用しているプラセンタドリンクの公式サイト】
エターナルプレミアムプラセンタドリンク